オフィス

IP電話を利用してコスト削減を図る|オフィス便利アイテム特集

評判をチェックする

インク

トナーをできるだけ安く購入する方法

プリンターやコピー機などの機械には欠かせないトナーカートリッジですが、意外に値が張る代物だということをご存じでしょうか。純正のものであれば5000円前後で販売しているものが多く、しかも人によっては定期的に購入することになるので結構な出費になるのです。そんな中、トナーカートリッジをより安く購入する方法があります。それはリサイクルトナーを利用する方法です。リサイクルトナーは純正のカートリッジに汎用トナーを入れたもののことで、正規のルートを通さない分価格をかなり抑えることができます。もちろん、使用にはある程度、トラブルが起こるリスクがついてきますが、それでもできるだけ安く、金額を抑えたいという人にはお勧めの方法です。

相性を見極める

リサイクルトナーはメーカーによってその価格は異なりますが、商品によっては銃声トナーの半額以下で購入できるというものもあります。もちろん、そのトナーの種類によって多少金額は前後するのですが、それでも純正トナーよりも格段にその価格が下がるのがリサイクルトナーの特徴です。ただ、先にも述べたようにリサイクルトナーにはトラブルがつき物です。小さなトラブルばかりであれば特に支障はないのですが、それがプリンター自体の故障を招くような大きなトラブルであった場合、修理に余計な費用が掛かってしまうため、注意が必要です。安ければ安いだけ良いというわけではなく、安い中でも品質やプリンターとの相性をうまく見極めることが大切になってくるのです。